佐土原高校産業デザイン科とパッケージデザイン制作

宮崎県で唯一デザインが専門に学べる学科、宮崎県立佐土原高等学校産業デザイン科
私の母校でもあります。(何度も言ってますが・・・)

今回は、産業デザイン科3年生の生徒さんと宮崎市佐土原にある飲食店「女島」さんが開発された商品のパッケージ制作を、共同で取り組むプロジェクト!

女島さんは、手打ち蕎麦が楽しめるオシャレな居酒屋さんです。
その女島さんがお菓子の商品開発に3年前から取り組まれ、菓子部門を「ととせ」という名前で立ち上げています。

「ととせ」の事業者代表は、西岡信次さん。
西岡さんも、佐土原高校の出身!
そして、このプロジェクトに快く参加していただいたデザイナーの原井さん。こちらも佐土原高校出身!!
ALL佐土原メンバーで構成しました!

このメンバー構成については、西岡さんの強い希望によるものです。

早速、第一回キックオフミーティングを開催しました!!

約2時間、生徒さんの前で、パッケージする前にするべきこと、そして「ととせ」さんが取り組んだ、
マクアケについてもご紹介!

生徒の皆さん、そして先生方、
販売前の商品を売ることができるシステムがあることに興味津々の様子でした。
メモを取りながら、私としっかり目線を合わせてくれる生徒さん。
できるだけ難しい言葉を使わないよう、お伝えさせていただきました。

デザインの世界は奥深く、常に学びが必要です。
そして、顧客の行動変化に合わせたデザイン設計が求められています。

難しいお話は今回のみ!
あとは、実践していきますよ〜!!

第二回は、9月!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です